神奈川県・川崎市の葬儀

神奈川県・川崎市の葬儀

納棺の際の心得その2

納棺とは、ご遺体を棺に納めることをいいます。納棺をする前に、ご遺族を中心として湯灌などでご遺体を清め、死装束を身に着け旅支度を整えお棺の中へ納棺します。

納棺後は、副葬品として故人の愛用していた品物を一緒に入れて終了となります。ここでは、納棺の際に行う「湯灌」「死装束」について説明します。

◎湯灌とは?
湯灌は「ゆかん」と読み、ご遺体をお湯で洗い清めることをいいます。清らかな姿で死後の世界へ旅立たせるという意味合いから行われいます。昔は「逆さ湯」といって、水にお湯を足して作ったぬるま湯で使用し、ご遺族の手で故人のご遺体を洗い清めていました。ところが、最近では病院で亡くなった場合などは、死後のご処置を病院で行ってくれるケースがほとんどで、お体もきれいな状態で清潔な浴衣に着せ替えてくれます。そのため、昔のようなやり方の湯灌ではなく、肌の出ている部分を清浄綿を用いて拭き清めることで湯潅の代わりとすることが多くなっています。

◎死装束とは?
死装束は「しにしょうぞく」と読み、故人が死後の世界へ旅立たれるための衣装のことをいいます。最近では、故人の希望やご遺族の希望により、故人が愛用していた衣服を着せたり、ご遺体の上に掛けたりすることも多くなってきましたが、仏教徒では、四十九日の旅をする姿として、脚に白足袋、脚絆、手には手甲、頭には天冠(てんがん)を付け、経帷子(きょうかたびら)を着物として身に着けさせます。経帷子は地域によっても異なり、最近では着せずに上から掛けてあげることが多くなっています。

また、印刷物や模造品ですが、六文銭が入った頭陀袋を持たせます。六文銭とは、旅の途中に渡る「三途の川」の渡り賃とされています。現在では通貨として存在しないため、印刷物や模造品で代用しています。

ただし、宗派によっては、死後の四十九日間の旅はなく、すぐに仏の世界に行くという教えのため死装束は身に着けないという宗派もあります。このような場合は、その宗派に従った納棺を行うようにして下さい。

<ご参考:葬儀斎場(川崎市)>
幸区・川崎区の方は、火葬場併設のかわさき南部斎苑を利用する事が多いです。
麻生区・多摩区・宮前区・高津区・中原区の方は、火葬場併設のかわさき北部斎苑を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる斎場】
■ 川崎の葬儀

 

Calendar