任意売却で出来る限り残債を減らす

任意売却で出来る限り残債を減らす

住宅ローンの返済を滞らせると催促状が届き、それでも滞納を続けると債権回収会社に債権が移った旨の連絡があり、遂には家を競売にかけられ、強制退去させられてしまいます。
住宅ローンの未払いの金額を残債と呼びますが、家の競売だけでは残債が必ずしも全て返済出来るとは限りません。 競売には100万円前後の手数料がかかりますし、買い手がつかなければ市場価格の相場よりも大幅に安くなってしまうからです。 少しでも残債を少なくしようと思うなら、家が競売にかけられる前に自分から任意売却するのが良い選択です。
任意売却には競売にかかる手数料はかかりませんし、売却価格も市場価格より少し低いくらいで済みます。 任意売却には債権者と交渉して同意を得るのが必須ですが、債権者も出来る限りお金を回収しようとしているので、認可される可能性は高いです。
任意売却を確実に成功させようと思うなら、やはり任意売却を専門に取り扱う業者に相談するのが無難でしょう。 素人では難しい書類や家の売却手続きを、全て任せることが出来ます。


任意売却をするには金融機関の許可が必要

住宅ローンを組んで住宅を購入し住んでいる場合、住宅を勝手に売ることは基本的にできません。 なぜなら、金融機関が住宅に抵当権というものを設定しているからです。
これは要するに住宅が借金の担保とされているということです。 したがって、住宅ローンの返済に行き詰まったときに住宅を任意売却することで債務を少しでも減らそうと思っても、まずは、金融機関に任意売却の許可を得る必要があるのです。 住宅ローンの返済を滞納している状況では金融機関からの印象が悪いだろうと考えて、許可が得られないのではと心配する人もいますが、実は全然問題ありません。 実のところ、金融機関の方もできることなら競売にはせずに、任意売却で片付けたいと考えているのです。
競売にしても得られる利益はわずかで、手間ばかりかかるので、金融機関にとっても競売には旨味が無いのです。 そういう事情もあって、任意売却の許可はすんなりと下りますから、金融機関と良好な関係が築けていないという人も恐れず任意売却に挑んでみてください。


【神奈川県(横浜市)】 任意売却 横浜市
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/
任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区 任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/
任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎市
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar