任意売却のメリットについて考える。

任意売却のメリットについて考える

今回は任意売却のメリットについて考えてみました。 任意売却ということばをご存知でない方が多いと思いますので、まず説明させていただきます。
通常は家を購入する時は高額なため金融機関などからお金を借りて住宅ローンを組みます。そして、毎月決まった額を返済していくことになります。順調にローンを返済できていれば問題ありません。しかし、世の中何が起こるかわかりませんので何らかの事情でローンが返済できなくなる場合があります。
もしローンが返済できなくなったらどうなるかというと、現在住んでいる家を含めた不動産を売却しなければなりません。現在、売却する方法は2つあり、一つは「競売」でもう一つが「任意売却」になります。 競売と任意売却は何が違うかというと、家の所有者の意思で売却できるかどうかです。まず競売は不動産を金融機関が差し押さえて家の所有者の意思とは関係なく売却されてしまいます。
一方、任意売却は金融機関の合意が得られれば家の所有者の意思で売却できます。したがって、任意売却のメリットは家の所有者の意思を反映させることができることです。


任意売却には制限期間がある

任意売却は、債権者と債務者の同意により物件を任意的に売却する手続きであり、住宅ローンの返済が困難になってしまった方にとっては、非常に画期的な返済方法の1つです。
ただし、注意しておきたい点として、任意売却には制限期間があるということを覚えておく必要があります。この制限期間を過ぎてしまうと、強制的に物件は競売に掛けられることになるため「任意売却の手続きをスタートしたから安心」と思い込まずにいることが重要です。
では、任意売却の制限期間はいつなのかというと、答えは物件が競売に掛けられる前日ということになります。ですが、実際には買主が見つかってから売却・受け渡しまでの手続き期間を考慮すると、前日では間に合わないため競売が開始される1週間前程度までには買主を見つけ具体的な手続きについて話し合うことが望ましいでしょう。
もしも、買主が見つかったけれど、時間が足りないという場合には、裁判所に申し出ることで競売開始を遅らせることができる可能性もありますが、これはあくまで裁判所の判断によりますので、任意売却を行う場合には早め早めの行動を意識することが大切です。


【東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/
任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市

Calendar